バリアフリーを意識した家づくり

FH032_L
複雑化する住宅事情に対処するため「住まい方」を根本的に見つめ直す
今後の日本の社会情勢を考えると、高齢化社会がさらに進んでいくことが予想されます。このとき、大きくクローズアップされてくるのが、バリアフリー住宅です。このバリアフリー住宅も含め、日本の住宅事情はますます複雑になってきますが、ここで重要なことは、こういった問題にどのように対処していくかなのです。ところが、日本人は、もともと「住まいの在り方」について考える力があまり備わっていないのが実情です。これはよく指摘されることですが、日本人の生活水準をみると「衣食住」のうち、衣と食に関しては、かなりのレベルまで満たされています。しかし、一向に改善されないのが、住宅事情なのです。なぜ遅れてしまったかというと、日本人が住に関する訓練を受けてこなかったからです。事実、日本の義務教育をみても、「家庭科」はあるのに、「住まい」に対する教育が施されてはいませんでした。これに対し、ヨーロッパ諸国などでは、それぞれの家庭で「住まい」に対するポリシーのようなものが受け継がれています。たとえば家具一つとっても、何代かにわたって使い込まれていることが多く、椅子が壊れてしまったときに、ほかの家具とマッチしないものを新しく購入することは許されないように教育されているわけです。ここには、一例をあげるなら、壊れにくい「石の文化」であるヨーロッパと、腐ってしまう「木の文化」であった日本との違いなどが影響しているのでしょうが、日本の場合、壊れたら捨ててしまって、すぐに予算内で応接の四点セットを購入してしまうのです。また、バリアフリーというと、段差をなくして、手摺りを付ければいいと簡単に考えられがちですが、そうではなく「家を建てる最初の段階で配慮されるべきだ」という発想が大切であると思うのです。
地震はいつあるかわからないので、対策は早ければ早いほど良いでしょう。マンション 売る 貸す ←こちらのサイトでは不動産関連情報を取り揃えております。
「転んでから」ではなく「転ぶまえ」にバリアフリー住宅のプランニングを
冒頭でも述べたように、いま日本の住宅事情は、高齢化社会を迎えて、どんどん複雑になってきています。たとえば、ある人の死因が心不全と診断されたとしても、その原因を探っていくと、じつは家の階段から転落して腰を悪くし、だんだんと体力が低下していった揚げ句に浴室で溺れてしまった、というケースもあるのです。こういった家庭内事故についても、決して見過ごすことはできません。ですから、人間ドックと同じように予防が肝心で、転んでからではなく、転ぶまえに安全な家をつくるべきなのです。また、今後は在宅介誰が絶対的に増えていくことが予想されるので、自分が健康なうちに投資して、家を直す心積もりが必要になります。繰り返しになりますが、倒れてからバリアフリーにするのではなく、健康で長生きするために行うのです。食べ物や運動不足に気をつけるのと同じように、一日の大半を過ごす「住まい」に対しても気をつかってほしいものです。「健康」をキーワードにするのなら、「生活」そのものを総合的にとらえるべきなのです。