欠陥住宅とならないよう基礎のチェックは念入りに

FH024_L
着工時でのチェックで、いちばん肝心なのが基礎の確認です。私の事務所では、当然のことながら、施主と一緒に行いますが、かりに設計事務所が付いていなくても、施主自身で確かめるべきです。基礎の種類としては、左ページの図表にあるとおり、一般住宅では、布基礎(蓮続基礎)か、べた基礎が用いられることが多いようです。布基礎は、木造建築で使用されてきた歴史が長く、建物の外周や部屋の間仕切りに沿って敷設し、地盤と一階の床とは一般的に四五センチ以上離れ、換気口が設けられます。地盤が悪いときは、フーチングを大きくするなどして、対処していきます。地盤の善し悪しは、とても大事です。とくに新たに土地を買って家を建てる場合、造成されるまえがどんな状態だったかは重要です。湿地だったり、田園であったりすれば、基礎の深さやその施工方法も慎重に考えなければなりません。あらかじめ専門業者に地盤調査を依頼することも必要です。布基礎とべた基礎は、どちらが地震に強いかという質問をよくされますが、しっかりした地盤であれば、とくに差はないと考えています。べた基礎は、鉄筋コンクリートの量が布基礎より多いのでコスト高ですが、とくに軟弱な地盤の場合は、べた基礎のほうをすすめています。べた基礎は、別名「いかだ工法」ともいわれ、建物の荷重を均等に地盤に伝えることになります。また、地盤とまったく関係なくべた基礎を使用するケースも多くなってきました。たとえば、法規制で北側斜線や道路斜線などの制限が厳しい場合、少しでも天井を高くしたいときなどに用いられるのです。布基礎は、排気口などを設けるため、地盤から一階の床までの高さが四五センチ以上必要ですが、べた基礎なら15~20センチの高さで済むためです。布基礎にせよべた基礎にせよ、コンクリートを流し込むまえに、配筋をチェックする必要があることは言うまでもありません。配筋の状態と鉄筋の数と同時に基礎の深さや、フーチングの幅やその下の突き固めた石の状態も確認していきます。重要なのは、あくまでも施主自身の目で見ることです。基礎部分は、最近クローズアップされている欠陥住宅でいちばん問題となる箇所です。ですから、ヨンクリートを打つまえに、一度見学にいきます」と宣言して、業者や施工者へプレッシャーを与えておくことも肝心なことだといえます。
リフォームは検討されておりませんか?←こちらからいろいろな不動産知識を蓄えましょう。
ひどいところになると、鉄筋の数が極端に少なかったり、フーチングの厚みや幅がほとんどなかったりすることもあります。こういった良心的ではない業者も少なからず存在するので、くれぐれも注意が必要となります。